• 介護の資格取得のスクール検索。無料で資料請求。

【 介護職の仕事内容 】

介護職ってどんな仕事?

介護の仕事とは高齢者の方々の日常生活における身の回りのお世話をさせていただく仕事です。

高齢者がその人らしい、自立した生活ができるように支援することが目的となります。介護職の仕事は大きく分けると『在宅介護』と『施設介護』に分けられます。

 

・『在宅介護』

訪問介護や訪問入浴、デイサービス、ショートステイ(短期入所)が主な勤務施設となります。利用者の生活の場は自宅となり、介護職員が自宅に訪問したり、また日中に施設に通ってもらう、短期的に宿泊に来てもらうなどの方法で介護サービスを提供します。あくまで利用者の生活の主軸は自宅(在宅)となります。

 

・『施設介護』

特別養護老人ホームやグループホーム、有料の老人ホームなどが主な勤務施設となります。在宅介護とは違い、利用者の生活の場は『施設内』となり、24時間体勢で介護職員は生活を支援していきます。

 

具体的にはどのような仕事内容?

介護業務といっても在宅介護と施設介護や施設の形態等で、仕事の内容は少し違ってきます。大まかな仕事の内容は下のような業務となります。

 

・モーニングケア(起床介助)

朝起きると皆さんは何をしますか?

寝たきりや麻痺、認知症のある利用者も基本的にはみなさんと同じです。朝起床した後は着替えや整容(洗顔、身だしなみを整える)などのお世話をさせていただきます。

 

・排泄介助

原則としてご自分でトイレに行くことができる利用者にはトイレにご自分で行って頂きます。歩行が不安定な方や車いすでの移動の方は介護員が付き添い、できない動作を支援させていただきます。寝たきりの方やトイレに座ることができない利用者にはオムツの交換と清拭を行います。

排泄はデリケート仕事なので信頼関係やプライバシーの尊重が大切です。

 

・食事介助

高齢になると噛む力や飲み込む力が衰えてきてしまいます。また、麻痺などにより自分の力で口に食べ物を運ぶことができない方もいます。

そのような方に食事の介助を行います。口から食事を取るということはその方の五感が刺激され、生活にはりが出るため、食事の形状(柔らかく加工したり、小さく刻んだり)も工夫しながら食事の介助を行います。

 

・口腔ケア

歯ブラシや介護の口腔ケア専用のスポンジなどを使い口の中の清潔を保ちます。口の中をきれいにしておくことで病気や身体状況の改善・維持・予防に繋がります。

 

・トランスファー(トランス・移乗などとも呼ぶ)

ベッドから車いす、車いすからトイレなど利用者が移動する際の補助や移動を行う仕事です。できる限りご自分の力を使って行っていただく事で寝たきり等、身体能力の低下を防止します。また、寝たきりの高齢者の方には床ずれ(褥瘡)を予防するために寝返りの補助等も行います。

 

・レクリエーション

皆さんがよく思い浮かべるものはカラオケや折り紙、風船バレーなどがあるかと思います。レクリエーションを行う目的は利用者に楽しんでもらうということもありますが、何かを行うことで頭や身体などに刺激を与え身体機能の回復、低下の防止などの目的もあります。施設により、運動や外出、工作など様々なレクリエーションを行っています。

 

・掃除、洗濯など

利用者のお部屋や共有スペース(ダイニング、廊下、トイレなど)をお掃除することも介護員の仕事です。利用者と一緒に行うこともあります。

介護員はただ掃除をするだけでなく、お部屋や洗濯物の汚れ具合などを日頃から観察し、ちょっとした違いなどから利用者の体調の変化をいち早く察知することも大切です。

 

・入浴介助

ご自分で浴槽をまたげる方などは見守りを行います。歩行などに不安がある方には部分的に介助を行います。お風呂にはご自宅にあるような一般的なバスタブの入浴設備や特殊浴槽と呼ばれる車いすのまま入浴または寝たまま移動し入浴することができる設備等もあります。お風呂は転倒等のたくさんの危険が潜んでいるので介護業務の中でも一番注意が必要です。また介護員の体力的負担も多いため、より安全に負担無く業務ができるように様々な補助設備や用具があります。

 

・精神的な支援

利用者の話を聞いたり、こちらから話しかけたり、一緒にお茶を飲むのも介護員の仕事内容です。こういった日々のかかわりの中から信頼関係を築いたり、利用者の体調の変化などにも気付くことができる大切な仕事です。

 

・ナイトケア(就寝介助)

就寝する前にパジャマ(寝巻き)に着替える支援など行います。寝る時間もその人によって違うので、ある程度ひとりひとりに合わせた時間に行います。

 

介護の仕事といっても勤める施設の業態によって異なってきます。無資格の方は介護職員初任者研修などを取得することで、授業を通じ様々な介護の知識・技術だけでなく介護の施設の種類なども学ぶことができるため、まずは資格取得を検討してみると良いでしょう。

スクールの選び方
 
通学

通学の必要がある場合も!

料金

学校によって価格差があります!

期間

取得までの期間が違います!

 
 
資料請求は下をクリック
  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員実務者研修
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 介護事務
  • 介護福祉士
  • ケアマネジャー

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護職員実務者研修

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター

介護事務

介護事務

介護福祉士

介護福祉士

ケアマネジャー(介護支援専門員)

ケアマネジャー

  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員実務者研修
  • 福祉住環境コーディネーター
  • 介護事務
  • 介護福祉士
  • ケアマネジャー

介護職員初任者研修

平成25年4月からホームヘルパー2級に変わり出来た資格です。現在は介護職に就くにあたり必要となることが多く、基本的な知識や技術を習得することが出来る入門的な資格となります。資格取得の為の受講料は学校によって4万円~15万円と幅広く、取得までの期間も1ヶ月~4ヶ月程度と大きく異なります。また、資格取得のためにはスクーリング(通学)が必ず必要となりますのでしっかり資料請求をして検討しましょう。

介護職員初任者研修

介護職員実務者研修

介護職員初任者研修の上級に当たる資格となり医療的なケア等より深く知識・技術を習得することができます。訪問介護のサービス提供責任者になるために必須の資格でもあります。また、今後、国家資格である『介護福祉士』を受験するためにも必要な資格となる予定です。現在、ヘルパーや初任者研修等の資格をお持ちの方は受講時間の免除やそれに伴い受講料も変わってくるのでしっかり資料請求を行い検討しましょう。

介護職員実務者研修

福祉住環境コーディネーター

高齢者や障害者の方々が自宅で自立した生活を送ることができるように暮らしやすい住環境を提案するため、介護保険制度や福祉用具の知識を習得します。東京商工会議所が主催している検定試験に合格することで、1~3級の合格証を取得することができます。1級又は2級を取得している方は介護保険を利用した住宅改修を行う際に必要な書類の作成をすることが出来るので、就職に活かしたい方は2級以上の取得がおすすめです。

福祉住環境コーディネーター

介護事務

介護保険のサービスの費用は1割が利用者、残りの9割は保険者(各自治体)が負担しています。こうした介護報酬請求業務を行うためには様々な知識が必要となり、それらに関する知識を学びます。技能認定進行協会が主催する介護事務管理士を受験し合格することでより就職に有利に働きます。

介護事務

介護福祉士

国家資格である『介護福祉士』に合格するための受験対策の講座となります。現在、介護福祉士を取得するためには介護の実務経験が3年以上必要となり、毎年1回行われる国家試験(筆記+実技)に合格する必要があります。※今後は実務経験3年+介護職員実務者研修を取得している必要があることが検討されています。

介護福祉士

ケアマネジャー
(介護支援専門員)

ケアマネジャーを取得するための受験対策講座となります。ケアマネジャーを取得するためには介護業務や相談業務、医療的業務など規定された業務に5年以上従事している必要があり、毎年1回各都道府県で行われている筆記試験などに合格する必要があります。合格率は非常に低く、しっかり試験対策を行うことが資格取得の為に大切です。

ケアマネジャー